ももんじ通信

5億円つねにほしい人のブログ

脳を洗う為のブックリスト

一念発起して就職してから、気付けばもう半年。初めてやる仕事にもかなり慣れ、仕事の中で泥の中を這いずる魚のような気持ちを味わうこともした。半年の間に色々と割り切って考える土壌が頭の中にできたため、もう陸の魚のような気持ちを味わわないためには強い言葉を本能的に欲したのだろう。気付けばKindleの新購入リストがとにかくバリ強の自己洗脳リストみたいになっていたのでまずは記録として残したい。

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

 

とにかく普段運動しない。運動をするためには頭の中から変えるべきだろうと衝動的に購入。同じタイミングで、

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則

(結果としてプライムリーディングで無料で読めると分かったので購入保留)や、

残業ゼロ! 仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術 (アスカビジネス)

や、

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

なども読みたいと思っていたが、タイトルの強さに勝てなかった。

この本を読んで脳みそが筋トレハイになっていた私は、電車広告で見かけたさらなる強い言葉に手を出すこととなる。

 

ブチ抜く力

ブチ抜く力

 

テレビではなんとなーく見かける程度だった与沢翼さんだったが、昨年あたりからツイッターでめちゃくちゃトガッた考え方やそのストイックさを発信するようになり、めちゃくちゃ興味があった。その書籍ということで購入。こちらは読んでいる途中だが、ストイックの意味とかひとつのことに短期間で偏執的にこだわる姿勢など新しい目を開かせてくれるような感じでいい感じです。

 

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

 

 

その流れで、話題になっていたこの本も。突き詰めた自己愛が本当に気持ちよかった。ここまで突出できるからこそ結果が出るのだなと納得させてくれた。私は本を読むと、書いてある内容にめちゃくちゃ同調してしまうので、とにかく読むとめちゃくちゃ元気が出る本だと思う。

 

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる

 

 

最後にこの本。未読。この人は言葉の使い方が荒いので、実際どんな本を書いてるんだろう?という興味本位での購入。今は上記の与沢翼の本を読むのに忙しいので、終わったらこれかな……

 

ビジネス書を読むようになって、特に思うのは「ビジネス書のくせに電子書籍化が遅い!!」ということ。確かに読み継がれるロングセラーベストセラーになる本も少なくはないが、著者のパワーに重きを置いたビジネス書あるいは自己啓発本の賞味期限は驚くほど短い。そのはずなのに、書籍版の発行と同時に電子書籍が出ないというのは1番の売り時を逃していることにはならないだろうか。自分は文芸以外の本は特段必要がない限り電子書籍で読むことにしているので、より早く電子書籍が出ている本に手を出してしまうのが現状となっている。

とにかくビジネス書の風潮としては、強い言葉を!もっと強い言葉を!という流れと合理化!合理化!という部分がとても多いように思う。そんな流れに自分もまんまと乗っているんだなあ。

抗いきれないことへの怒りと絶望・『82年生まれ、キム・ジヨン』

自分ではどうしようもない事項で差別を受けることの虚しさ、あるいは怒り、もしくは絶望というものがある。

努力ではどうしようもない場所で区切られて、劣等・優越を分けられるという場面は誰しもが大小多寡あれ経験していることだろう。

小学生の時に同じクラスだったワタナベくんという子はたいへんレッテル貼りの大好きな子で、小学5年生のある日「男は偉い!頭もすごく良い!」と言い張り始めた日があった。「何が偉いの?」と聞いても、「えらいものは偉い!」の一点張りで、全くわけがわからなかった。言っている本人もわけがわからないという顔をしていたので、訳もわからず世間に「男は偉い!」と言わされていたのだろう。

思えばあれが、自覚的に直接初めて、女という存在に対する差別に行き当たった出来事だったと思う。

中高を女子校で過ごし、ほぼほぼ女子しかいない大学の日文科を出て、大学院に3年通って、在学中に入籍したため、幸福なことにほとんど「良い人いないの?」「付き合ってる人は?」「結婚しないの?」攻撃に遭うことはなかった。代わりに就職でたいへん苦労した。大学の就職課で面接の練習をしても「特に問題はないですね」と大したアドバイスももらえない。

仲の良いと思っていた友人が、酒の席で「結婚なんてしてるやつ、新卒で取りたくない。産休欲しいとしか思えない」と言い捨てたことで大体の世間(という名の、私が採用を受けていたごくごく一部の企業)の自分に対する評価を知った。

どんなに会話が弾んでも、プレゼンがうまく行っても、よほど突出しなければ普通に就職することは叶わないのだと悟った。

 

「料理とかつくるの?家事大変だね」

「旦那さんも家事やってくれるんだ。えらいね」

結婚してから頻繁に言われるようになったのが上の二つのセリフである。正直、私は家事については必要が生じないとほとんどやらないので、むしろ家人の方が家のことはやっている。そんなの家それぞれだと思うのだが、他人はお構いなしに家事の実施状況というプライベートにズカズカと入り込んでくる。大半の場合私が「旦那もやってくれるので……」と申し訳なさそうに言うと「若いのに大変だね!旦那さんもえらいね〜」と続くのである。実際は、私は必要が生じない限り家事をやらないので、実施比率は3(私):7(家人)である。そんなことを見ず知らずの人にお伝えするのは体力の無駄なので、私は仕事もして家に帰れば家事をこなす奴としてその人の中に存在するわけである。

私は勝手に株が上がって万々歳だが、世間の認識がこんな現状になっていると知ったら家人はやり切れないだろうなと思う。

これはある種の男性に対する差別だと私は思う。ジェンダーが蔓延っている中で、役割から外れた部分は過度に主張しなければ無かったことになってしまう。だから「イクメン」や「家事をする夫」は過剰に取り沙汰されるのだろう。それに対して女性が「私たちも当たり前にやってるのに!」となる。まさにいたちごっこである。

また、枠内の行動を少しでも行っている場合には、それを匂わせるだけで枠内のことは全てきっちりやってることになってしまう。私の家事がいい例だと思う。

 

キム・ジヨン』は一般的な83年生まれの女性が辿ってきた当たり前の人生をなぞる小説であり、無名の人物の伝記を淡々と読んでいくようなそんな物語である。

女性に対する潜在的な差別が空気のように描かれ、それに抗う者がキム・ジヨンの周りには時折現れるが、彼女自身は抗うことはせず、目の前の状況を飲み込んでいく。

こんな、彼女たちが目の前に出されて飲み込まざるを得なかった状況が陳列されていくことで、女性差別だけでなく男性差別(たとえば、物語の中で女性を差別する立場として登場せざるを得ないのは差別のひとつである)さえも浮き彫りにしていくものと思う。

認識が次の一歩への足がかりともなるだろう。

 

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

 

 

 

腸で乳酸菌を育ててます

2月も中盤になり、チラホラと花粉の気配を感じる頃になってきました。私も目が痒かったり鼻水がズビズビになったり………

そんなことを先日、知り合いに話したら「あら!腸内環境整えたら花粉症なくなるわよ!」とのこと。その場で乳酸菌のサプリメントをお試しでもらいましたが、自分でも食べるものを工夫しようと思い、3つ導入しました。

 

①ヨーグルト

ダノンのビオ。これはしばらく前からちょこちょこ食べてもいたのですが、朝方お腹が張って起きるように。いい兆候?それともイテテテってなるからあんま良くないのか?いちど朝ごはんにこれだけ食べて行ったら昼過ぎまでお腹減らなかったのでめちゃくちゃ腹持ち良いんだなあということを知る。検索しようとすると「ヨーグルト 断食」が出てくる。体の掃除には理にかなってるのかも。

 

②野菜ジュース

ヨーグルトで取った乳酸菌の餌として。ビオと同じタイミングで飲むように。今回は試しに、野菜のピューレ仕立ての野菜ジュースを。全然青臭くなくてむしろ甘くて美味しい!

 

③黒にんにく

職場の人に勧められて。勧められてというよりは、「食べてるよー」と言われて一緒に効能調べてたら自分も食べてみたくなっちゃったタイプ。もともとにんにく好きだし。アレルギー改善や疲労回復、生活習慣病予防の効果もあるらしく、今回の趣旨には合致してると判断しました。食べてみてびっくり!ニンニクの独特な味をイメージしていたのですが、実際にはイチジクのような甘さがあって意外でした。

 

これらを夜・乃至朝ごはんに食べることとします。忙しくて(言い訳)運動できていないので効果はまた追って……

 

 

 

べしゃり暮らしと阿佐ヶ谷姉妹

12月20日まで、森田まさのり先生の『べしゃり暮らし』が10巻までヤンジャンのアプリで無料だったので読んでいたのだった。

高校生の時に1巻が近所のブックオフで100円になっていてそれを読んだきりだったけど、今読むとよくそこで耐えたなと思うほどにはちゃめちゃに面白かった。

2015年に既に完結しているのを知らないままに読み始めて、まだ連載も続いていると思っていたので「こんな面白い漫画を途中までしか読めないなんて…!」と素で思っていた。

10巻まで読んだ段階で迷わず続きをkindleで購入して読んだ。

人にウケることが生き甲斐の高校生・圭右が元芸人の転校生・辻元と出会いお笑い芸人の養成所に入り、漫才賞レースでの優勝を目指す……

完全に年末、M-1やらR-1やらのお笑いの賞レースが重なる時期に読むべき作品だった。

推しは完全に「デジタルきんぎょ」というコンビ。

高校の「爆笑王」としてイキる主人公に優しくも厳しく接する先輩芸人コンビのNMC(作中での漫才賞レース)にまつわる顛末はつらすぎて、読んでいたファミレスで泣いてしまった。まさか人前で泣いてしまうとは思わなかった。

 

さて、『べしゃり暮らし』を一気読みした翌朝、阿佐ヶ谷姉妹が賞レース「THE W」で優勝した。

ツイッターの「朝読むべき10ツイート」のモーメントの表紙に阿佐ヶ谷姉妹のおふたりがデデンと載っているのをみてそのことを知ったのだった。

わたしがたまたま見たネットニュースは野暮だったので、ふたりが優勝したネタのシチュエーションが乗っていた。

「おばさんがおばさんを誘拐するネタ」

すかさず録画を引っ張り出して、これ以上情報を得てしまう前に見た。めちゃくちゃ面白かった。

シチュエーションがまず面白すぎるのがずるい。思えば、阿佐ヶ谷姉妹は初めて見た時からおばさん同士のコンビだった。「おばちゃん」でなく「おばさん」というのも芸人さんにはあまりない気がする。

女性芸人のコンビが「女の子」から「おばちゃん」にステップアップするところは見たことがあるが、もはや阿佐ヶ谷姉妹ははじめから「おばさん」同士という稀有さ。オンリーワン。コンビは組んで12年だという。

先日読んだ阿佐ヶ谷姉妹のエッセイは本当に良くて、ふくよかな生活の匂いが気持ちよかった。全人類に読んでほしい。

 

同じ時期にまったく別系統のお笑いコンビ(片方は漫画のキャラだし)に触れて、若い世代の勢いを推す「べしゃり暮らし」、突出したおばさんの「阿佐ヶ谷姉妹」どちらも面白いしどちらもお笑いで良いんだよなあと思った。

最近だと平均寿命も伸びて、第二の人生としてお笑いの道を志す年嵩の世代の方もちらほら見るけれども、その姿勢だけを批判するタイプの人って割と見るけれども、要は面白ければ良いんだよなあと。

「才能なければ真面目に生きてないと生きていけないよ」って若い子たちに言うタイプの人だっているけれども、まあまあ真面目に生きてても搾り取られて生きていけないこともままあるんなら楽しい方がいいよなあと。

そんなことをぼんやりと思うわけです。

 

 

おしぼりをまるめたら

おしぼりをまるめたら

 

 



 

試験などにおける席の引きについて

資格を取得するのがまあ趣味みたいなものだったので人よりも多く試験会場に通うことがあったのですが、そこでの席の引きって大事だよなあ、と常々思います。

といっても、人によって好みの席はあるでしょうし、どんなに好みの席を引いても隣の人がクセのある方だったりするとまあ~詰みだなってこともあるわけで。

私の場合、私の意志とは全く関係なく列の先頭を引くことがとても多い。大学入試の一般試験がすべて列先頭だったのは衝撃でした。

で、そんなこともすっかり忘れていた今週、2回試験を受けなくてはいけなかったのですが見事両方の試験で列先頭を引く快挙をなしとげました。(片方の試験にいたっては到着順に席に座らせられるものだったのに…)

ながらくこの最強の「先頭運」と付き合ってきたのを思い出させられる週となりました。

もうこれだけ先頭を引き続けるといっそすがすがしく、先頭が一番落ち着くようになりました。試験を解き終わったら普通に爆睡しますし、試験時間中わけもなく自分の前でたまる試験官に「気が散るんでどっかいってください」という視線を送ることもできるようになりました。むしろ席の状況よりも、周りに極端に体調の悪い人(咳き込んだり断続的に咳払いしたり)がいることや、試験官に分からないくらいで私にばっちり聞こえる声で音読したり、ちっちゃい声でつぶやき続ける人がいたり…ということのほうがしんどく思いますね。

事実、今カフェで隣の席の方が断続的にンッンーと咳払いを繰り返しているのは、ウームうつされないだろうかこの風邪…ととても心配です。気も散るし。とりあえず、自分はこういう感じにはならないように気を付けようと思う今日この頃でした。

surface go到着!!

surface goがきた!!

とりあえず本体とペンが先に。書き心地良いわあ〜〜と思いつつ。

カバーないのにベタベタ触ってしまいましたよ

箱が存外しっかりしていて、その割に説明書が入ってなくてApple製品かよ!と。

f:id:mujisshu:20190119235154j:image

f:id:mujisshu:20190119235118j:image

f:id:mujisshu:20190119235122j:image

いいなあ今のところ頑なにGoogle Chromeのインストール拒まれたこと以外はいいなあ。

大体の設定も終わってウキウキしてます。

surface goが欲しい

今日は結構あったかい感じで、昼過ぎに気分転換にTシャツで外出てみたけどいい感じでした。寒い寒いと思いつつ、例年と比べるとかなり暖かいのかも。

さて、昨年の末からKindleをめっちやくちゃヘビーユーズし始めた関係もあって、タブレットの需要が出てきました。漫画とか普通の本ならまだ良いんだけど、雑誌やらエクササイズの本を見るにはiPhoneは小さすぎるんですよね。

ということで、かなーり以前に購入したDELLのvenue 8 proタブレットを復活させようかなーなんて考えていたのですが、これがまた電源が入らない。ずーっと充電してるんだけどウンともスンとも言わないという。なんかもっと……ソフト的な問題ならどうにかできる希望もあるんでしょうが、これじゃーどうにもならないなということで、新しいタブレット購入をかなり現実的に考えています。

候補はiPad minisurface goなんですが、8割型surface goに決めました。

タブレットでやりたいことといえば、

①本や新聞を読む

②イラストを描く

③文章を書く

くらいなんですが、これはどちらのマシンでも結構いい感じにできそうなんですね。で、それぞれについて見ていくと、

①本や新聞を読む

圧倒的にiPad miniが動作もいいし使いやすいと思う。むしろ勝てる機種はいるのか?

 

②イラストを描く

ペンの動作は調べたところiPadのほうが良いらしい。だけど、そんな仰々しい絵を描くでもないし、去年ウィンドウズのクリップスタジオ契約したしsaiも使えるし………と考えた結果surface goに軍配。

 

③文章を書く

こちらも②とほとんど同じ理由、たしかにpagesオシャレだけど、これまでのテキストとの互換性考えたらWindows使いたいし、一太郎便利だしなあ……と思ってsurface goに軍配。

 

高嶋ちさ子が「死ぬまでの日割りが高くなるので欲しいものはすぐ買う」って言ってたのに爆共感なのでわたしは欲しいものはものすごくすぐ買う主義なのですが、調べると結構値段の開きがある。価格.comをみると大手量販店より完全に1万円くらいやっすいのとかあるんですけど……いままでの積み重ねとしてポイント使えるかなって思って今回はヨドバシを選択。

で、じゃあsurface goに決めたからって結局アクセサリーとかどうすんのよ?って部分が残るのですが……

とりあえず純正品全部つけてみっか!とやったのがこちら。

f:id:mujisshu:20190118231449j:image

たっっっか!!!!なになに?純正品のアクセサリどうした!!?なんで本体の半分くらいの価格いっちゃうの!!?

一気に買う気が失せたので路線変更。

結局これじゃなきゃだめ!っていうものはsurface go本体とペンだけなので、

本体+純正品ペン+保護フィルム+家でキープしているBluetoothキーボードとマウス+これらが全部入るケース

を用意することに。

溜まっているポイントが1万ポイントくらいあったので、戦法としてはsurface go本体を購入し、そこで溜まったポイントを使ってペン・フィルム・ケースを買うことに。これは完璧……

個人的な持論としてポイントを使うときは買いたいものの値段全部をドンっと使うのが1番お得!というのがあるので、ポイント使用でそこもカバーできちゃうという。素晴らしい……(止まらない自画自賛

とりあえず本日注文すると明日には全て届くようなので、楽しみです。

ブログにも気軽にお絵かきできるな〜〜